高校入試情報

志望校の選択(公立)

全日制の高校は,AとBの2つのグループに分かれています。
AとBは入学検査日が異なるので,A・B2つのグループからそれぞれ1校ずつ2校まで受検できます。

1校だけの受検もできます。

 

photo_student02.jpg

普通科を受検する上では,学区の制限があります。学区は尾張と三河の2つに分かれ,住んでいる学区内の学校しか受検できません。

さらに,尾張学区に住んでいる受検生は,受検できる学校群が1群と2群に分けられ,同じ群の学校どうしでしか受検できません。三河学区では,学校群の指定はありませんので,グループが異なればどの学校でも2校受検できます。

専門学科と総合学科は全県1学区で,居住地にかかわらず,AおよびBグループからそれぞれ1校ずつ2校まで受検できます。

 

普通科を受検する場合は,尾張と三河の学区の制限があるよ。尾張学区は,学校群の制限もあるよ。

 

尾張学区

普通科2校 志願の組み合わせ

AとBからそれぞれ1校,同じ群の中から選択できます。

必ず1群か2群かを決めて出願します。

 

イメージ図

 

  • 1群・2群の両方に掲載されている高校は1・2群共通高校です。
尾張1群
Aグループ Bグループ
旭丘 名古屋西
惟信 中村
松蔭 鳴海
昭和 天白
熱田 春日井東
豊明 日進
日進西 東郷
犬山南 犬山
江南 尾北
小牧 小牧南
一宮北 丹羽
一宮南 一宮西
尾西 木曽川
津島 美和
海翔 半田
半田東 大府東
常滑 阿久比
内海 東浦
武豊
名東 菊里
  富田
尾張2群
Aグループ Bグループ
明和 千種
松蔭 守山
名古屋南 瑞陵
瀬戸西 瀬戸
春日井 春日井東
春日井西 春日井南
高蔵寺 旭野
長久手 犬山
新川 小牧南
一宮 西春
一宮北 一宮興道
尾西 木曽川
津島 津島東
津島北 美和
稲沢東 五条
海翔 横須賀
常滑 大府東
東海南 阿久比
大府 東浦
内海 武豊
向陽 桜台
山田

 

三河学区

普通科2校 志願の組み合わせ

AとBからそれぞれ1校選択できます。群の区分はありません。

 

イメージ図

 

三河群
Aグループ Bグループ
衣台 豊田西
豊田北 豊田
豊田南 豊野
加茂丘 松平
足助 三好
岡崎 岡崎北
岡崎西 幸田
岩津 碧南
刈谷 刈谷北
安城 安城東
西尾東 安城南
一色 西尾
高浜 吉良
豊丘 知立東
豊橋南 時習館
福江 豊橋東
国府 成章
御津 小坂井
  蒲郡東
  田口
   

 

 

全県

専門・総合学科 志願の組み合わせ

AとBからそれぞれ1校,どこでも志願できます。ただし普通科と併願するときは学区の制限があります。

 

イメージ図

■愛知県の学区(全日制普通科)

尾張学区の市郡
名古屋市・瀬戸市・春日井市・尾張旭市・長久手市・豊明市・日進市・愛知郡・一宮市・犬山市・江南市・小牧市・稲沢市・岩倉市・津島市・愛西市・清須市・北名古屋市・弥富市・西春日井郡・丹羽郡・あま市・海部郡・半田市・常滑市・東海市・大府市・知多市・知多郡 
三河学区の市郡
岡崎市・碧南市・刈谷市・安城市・西尾市・知立市・高浜市・豊田市・額田郡・みよし市・新城市・北設楽郡・豊橋市・豊川市・蒲郡市・田原市
全県域
篠島(知多郡南知多町)・日間賀島(知多郡南知多町)・佐久島(西尾市一色町)

 

■受検の例外<調整区域>

以下の居住地の受検生は,普通科を2校受検する場合,該当する通学区域(学区)以外の学区の高校も受検できます。

 

学区 居住地 学区外の受検できる学校
尾張学区 大府市・豊明市 刈谷高校 三河A
刈谷北高校 三河B
知立東高校 三河B
知多郡東浦町 刈谷高校 三河A
刈谷北高校 三河B
知立東高校 三河B
高浜高校 三河A
日進市・愛知郡東郷町 豊田西高校 三河B
豊田高校 三河B
衣台高校 三河A
三好高校 三河B
三河学区 刈谷市・知立市 豊明高校 尾張1群A
大府高校 尾張2群A
大府東高校 尾張群共通B
東浦高校 尾張群共通B
高浜市 東浦高校 尾張群共通B
豊田市・みよし市 東郷高校 尾張1群B
日進高校 尾張1群B
日進西高校 尾張1群A
尾張学区 知多郡南知多町篠島
知多郡南知多町日間賀島
学区に関係なくA・B グループから1校ずつ選べる。※尾張学区で2校受検する場合は,同一群内からそれぞれ選択する。
三河学区 西尾市一色町佐久島

志望校の選択(私立)

私立高校

イメージ写真

現在,愛知県内には私立高校が55校あり,45の学校法人によって設置・運営されています。いずれの学校も独自の校風を持ち,自由で明るく,特色ある教育を行っています。愛知県では,中学校卒業者のおよそ3分の1の生徒が私立高校へ進学しています。

 

私立高校の中には,中学校を併設しているところが21校あり,ここでは中高一貫教育を実施しています。また,私立高校の大きな特色のひとつに,男女それぞれの特性を伸ばす教育を目指す男女別学校があります。現在,愛知県の私立高校の内訳は,男子校が4校,女子校が11校,男女共学校が40校です。

 

最近,大学進学実績をあげている私立高校や併設の大学を持つ私立高校に人気が集まっています。特に,大学進学に向けて特別なカリキュラムと徹底した指導体制を敷く特進コースの人気が高くなっています。

 

推薦入試(私立)

推薦入試では,一人1校のみ出願できます。推薦入試で合格した場合,原則として他の高校には出願できません。令和2年度入試では,推薦入試を行った学校は55校中50校です。その学校が第1志望であることと中学校長の推薦が受けられることが出願条件で,募集人員に対する推薦入試の募集枠は,70%以上の高校が34校,50%以上70%未満の高校が13校,20~50%の高校が3校でした。選考方法は,多くの学校で出願書類審査,基礎学力検査,および面接によって行われています。

(推薦入試の募集枠について,併設中学校を有する学校はその中学校からの進学者を除いた人員に対する比率とし,複数の学科を置く学校で学科間の推薦枠を異にする場合は,比率の高いほうによっています。)

 

一般入試(私立)

イメージ写真

一般入試の試験日は,複数の私立高校が受検できるように3日間に渡っています。(令和2年度入試の場合2月4日~2月6日でした)試験科目は5科目実施が41校,3科目実施が9校で,あと1校は学力検査と作文・面接を行っています。また,一般入試に面接を実施した学校は10校,実技試験を実施した学校は4校でした。各高校の詳細は,各校のウェブサイトや,実際に学校を見学することなどによって知ることができます。

 

出願から合格まで(公立高校)

出願

推薦選抜

志願先の高校を第1志望とする人で,各高校が示す条件を満たし,中学校長の推薦を得た人が出願できます。第2志望校は,一般選抜へ出願することができます。

推薦選抜は,すべての高校・学科で実施されます。

各校の推薦枠は,普通科は募集人員の10%から15%程度で,20%以下とされています。専門・総合学科は,募集人員の30%から45%程度で,50%以下とされています。

所属コースについては,本人の希望と書類・面接の結果にもとづいて,各高校長が決定します。

推薦選抜でも5教科の学力検査を受検しますが(推薦で合格とならなかった場合に,一般選抜の対象となるため),推薦選抜の合否決定には使用しません。

一般選抜

A・B2つのグループからそれぞれ1校,合計2校まで出願することができます。第1志望校だけへの出願もできます。普通科へ出願する場合は,住んでいる学区内での学校に限ります。尾張学区で普通科2校へ出願する場合は,同じ群内の2校の組み合わせに限ります。2校へ出願する場合は,第1志望校と第2志望校をあらかじめ決めて出願します。

同じ学校の普通科と専門・総合学科へ出願することはできません。

志願変更は,1校のみ可能です。尾張学区の普通科間の志願変更は,同じ群の中でしか行えません。
(同一校内で学科変更することもできます)

志願変更を行う場合は,志望順位の変更も可能ですが,志望順位のみの変更はできません。

1校志願から,2校志願へ志願校を追加することはできません。

2校志願から,1校志願へ志願の取り下げもできません。

学力検査

すべての高校・学科で,学力検査と面接を行います。令和2年度はAグループの学力検査(1日目),面接(2日目)を行ったあと,Bグループの学力検査(1日目),面接(2日目)を行います。

 

学力検査は,推薦選抜に出願した人を含め,国語,社会,数学,理科及び外国語(英語)で行います。検査時間は各教科45分です。ただし,外国語(英語)は,聞き取り検査が10分程度,筆記検査が40分です。各教科の満点は22点で,合計得点の最高は110点です。

 

指定の専門学科については特別検査を実施します。
→デザイン科,クリエイティブデザイン科,美術科,音楽科,スポーツ科学科
※推薦選抜・一般選抜ともに実技試験を行います。

国際英語科・国際教養科では,学力検査の外国語(英語)の得点が1.2倍されます。
また,国際英語科・国際教養科の推薦選抜では,英語による問答での特別検査を行うことがあります。(平成31年度は実施なし)

調査書

出願に際して,入学願書等とともに志望校に提出される合否決定用の資料。 

①学習の記録(教科評定) 

教科ごとに,中学3年の3学期の評定が記録されます。5段階の絶対評価で,合否決定では3学期の9教科の合計点が採用されます(推薦選抜の推薦書には,中学2年の評定が記録されます)。

※一部専門学科では,特定教科の傾斜配点を行い,教科評定が1.5倍されます。
 →美術科(美術),音楽科(音楽),スポーツ科学科(保健体育),国際英語科・国際教養科(外国語) 
※私立高校へは,2学期の評定が記録されます。

②総合的な学習の時間の記録 

中学3年間または特定の学年における顕著な事項等の記録

③特別活動の記録

学級活動,生徒会活動,学校行事での活動の記録

④行動の記録

基本的な生活習慣,健康・体力の向上,自主・自立,責任感,創意工夫,思いやり・協力,生命尊重・自然愛護,勤労・奉仕,公正・公平,公共心・公徳心
上の項目において,十分に満足と評価できるものについて記録される。

⑤特別活動以外の諸活動の記録及び特技

体力・運動能力に優れ,運動の分野での活動が顕著,文化的・社会的活動が顕著,特技
上の項目において,顕著な事実がある場合について記録される。

 

★①~⑤までの評価を総合して合否決定の資料とします。
★①の「学習の記録(教科評定)」は,合否決定の重要な要素となっています。 合否決定においては,合計点を2倍した値,最高90点を満点としています。
※傾斜配点を行う一部の専門学科では最高95点満点となります。

面接

面接は,推薦選抜の受検者と一般選抜の受検者を別に行います。

推薦選抜の面接は,一般選抜の面接を兼ねて行います。面接の具体的な方法は,各高校で定めます。
「自分の特性を1分間程度で答える」質問などがあるとされています。

合格者の決定

各高校は,まず推薦選抜における合格者を決定します。続いて,推薦選抜で合格とならなかった人を含めて一般選抜における校内順位を決定します。

推薦選抜

各高校が,中学校からの提出書類,面接等の結果を資料として,合格者を決定します。推薦選抜では,学力検査の結果は資料として用いません。推薦選抜で合格とならなかった場合は,学力検査(5教科)の結果を資料に加え,改めて一般選抜の対象となります。

一般選抜

各高校が,中学校からの提出書類,学力検査および面接等の結果を資料として,推薦選抜で合格とならなかった人を含め,校内順位を決定します。その後,全県の校内順位データをコンピュータ処理して作成された合格候補者名簿に基づいて,各高校が合格者を決定します。コンピュータによる処理は次のように行われます(詳細は,合否の決まり方を参照)。
① 第1志望校が合格圏内にあるときは,第1志望校の合格者とします。
② ①に伴い,第2志望校では,第1志望校に合格した人数分だけ,校内順位に従って受検者をくり上げ,合格者とします。

合格発表

Aグループ・Bグループとも同じ日に,推薦選抜と一般選抜を合わせて合格者を発表します。

受検した高校において,「本校に合格」,「相手校に合格」の別が分かるように掲示します。また,出身中学校や本人へは,推薦選抜での合格か一般選抜での合格かが分かるように通知します。

合否の決まり方

校内順位の決定

学校(出願校)で行われる作業

①校内順位の決定

一般入学受検者のうち,調査書の評定合計と学力検査の合計得点が一般入学募集人員内にある者を「A」とし,これに属さない者を「B」とします。校内順位の決定は「A」,「B」の順序で行います。
「A」については調査書の評定合計と学力検査の合計得点を同等とみて順位付けを行います。また,「A」については①「調査書の評定合計の順位」と,②「学力検査の合計得点の順位」がともに募集人員内であることとされています。①②ともに募集人員内であれば,原則として合格となります。全体合格者のうち,60%から80%がこの「A」の領域から選抜されています。
「B」については,各学校が次のⅠ,Ⅱ,Ⅲのいずれかの方式を選択したうえで,面接の結果等とあわせて総合的な判定により順位付けを行います。

Ⅰ (評定得点)+(学力検査合計得点)  =評定と学力検査を同等に扱う。
Ⅱ {(評定得点)×1.5}+(学力検査合計得点)  =評定に重みをつけて順位付けを行う。
Ⅲ (評定得点)+{(学力検査合計得点)×1.5}  =学力検査に重みをつけて順位付けを行う。

※評定得点は調査書の3学期の9教科の評定合計を2倍した数値(最高90点)とします。
※学力検査の得点は,各教科22点満点で,合計得点の最高は110点です。
※Ⅰ・Ⅱ・Ⅲそれぞれの方式が順位付けに採用されるのは,「B」領域の受検生に対してです。

「B」における校内順位決定方式選択割合 (平成31年度入試)

タイプ別構内順位決定のモデル

学科・学区区分 校数計 Ⅰ(%) Ⅱ(%) Ⅲ(%)
同等 評定 当日点
全体 198校 74校 43校 81校 37% 22% 41%
普通科(尾張) 69校 17校 5校 47校 25% 7% 68%
普通科(三河) 38校 11校 7校 20校 29% 18% 53%
専門・総合学科 91校 46校 31校 14校 51% 34% 15%
合格繰上げ

教育委員会で行われる作業

②志願者の繰上げ作業と合格候補者名簿の作成

・各高校の校内順位を元に,高校ごとに重複合格者を除き,志望校順位の繰上げを行います。
・集計された合格候補者名簿を学校に戻します。
・各学校は,合格候補者名簿に基づいて最終的な合格者を決定します。

繰り上げ処理のモデル

合格繰上げ

 

 

 

タイプ別に見た,校内順位の分布比較(タイプ別校内順位決定モデル)

★校内順位別分布領域 オレンジ→黄→緑(入試総合点の高い順)

タイプⅠ

【評定合計+当日点】

内申点と当日点を同等にみた場合

 

校内順位の分布 タイプ1

タイプⅡ

【(評定合計×1.5)+当日点】

内申点を重くみた場合

 

校内順位の分布 タイプ2

タイプⅢ

【評定合計+(当日点×1.5)】

当日点を重くみた場合

 

校内順位の分布 タイプ3

校内順位の決定は「A」,「B」の順で行い,「A」については調査書の評定合計と学力検査の合計得点を同等とみて順位付けを行います。募集定員から[A]を除き,定員に満たない分を[B]から選抜します。選抜方法については各校の裁量において,3つの選抜方式から選択します。

 

当日点または内申点を1.5倍することで,式によって「入試総合点」が変わり,志望校内順位が違ってくるんだね。

学費

現在準備中